歯の豆知識のページ

歯の豆知識
毎月歯の豆知識を更新しています

毎月歯の豆知識を更新しています。

歯周病は歯茎の病気とよく言われますが、実際は歯を支えている組織(歯茎、骨、歯根膜など)に起こる病気です。歯周病がなぜ歯を失う原因になっているのかというと、それは歯茎が悪くなるからではなく、歯を支えている骨がなくなってしまうからです。もともと歯茎から始まる歯周病でなぜ骨が溶けていってしまうのでしょうか?
(2020.04) >>続きを読む
妊娠したら歯科検診を受けた方がいいのをご存知ですか?歯科治療は体にストレスがかかるので妊娠中は避けた方がいい、と思っている人もいるかもしれません。ですが、検診を受け、悪いところを治しておいた方がお腹の赤ちゃんのためにも良い、ということが近年ではさかんに言われるようになってきています。
(2020.03) >>続きを読む
歯周病は歯を支える骨や歯茎がやられてしまい、進行すると歯が抜け落ちてしまう厄介な病気ですが、全身の健康被害を起こすこともあるため、なるべくならかかりたくないものです。そのためには歯周病の初期症状を知り、早めに対策していくことが肝心です。
(2020.02) >>続きを読む
入れ歯は人工の歯ですが、ご自分の歯のように、汚れや歯垢が付いてくるものです。きちんとお手入れ方法を行わないと、口臭や、汚れや歯石の付着、歯茎の炎症などを起こす原因になります。入れ歯を快適に使い続けるために、正しいお手入れ方法を身につけましょう。
(2020.01) >>続きを読む
歯科医院に来院される患者さんは「イヤイヤ治療型」か「ニコニコ予防型」の二通りに分けられます。これからのお口の中の健康を保つ為のトータル通院回数や費用を解説していきます。さて、あなたはどっちでしょうか?
(2019.12) >>続きを読む
抜歯というと「痛くないかな?」と、緊張してしまう人が多いと思います。抜歯は歯を削る治療などとは違い、お口の中を傷つける外科手術の一種です。そのため、抜歯中や抜歯後の痛みなどのトラブルを防ぐためには、抜歯前や抜歯後の注意点を守ることが大切です。
(2019.11) >>続きを読む
親知らずというと、「抜かなければならないもの」と思いこんでいる人も多いのではないでしょうか。でも、親知らずでも抜かなくても良いケースもあります。どんな親知らずの場合に抜歯が勧められるのか、ご紹介していきましょう。
(2019.10) >>続きを読む
他人の口臭って気になりますね。でも、自分の息のニオイは大丈夫ですか? 口臭対策にガムをかんだり、マウススプレーをこまめにしている人もいることでしょう。 でも、口臭の原因が歯周病だとしたら、そのような口臭対策はあまり意味がないかもしれません。
(2019.09) >>続きを読む
甘いものを食べると虫歯になる、というのはみなさんご存知だと思います。でも、甘いものを完全にあげない、というのはなかなか難しいですよね。おやつには虫歯の危険度が高いもの、それほど高くないものがあります。また、いつ、どのように与えるか、というのも虫歯のかかりやすさに関係してきます。
(2019.08) >>続きを読む
虫歯はひどくなるにつれ、だんだんと奥に進んでいきます。歯の構造は、一番外側のエナメル質、その内側の象牙質、そしてそのさらに奥の中心部の歯髄と呼ばれる部分から成っています。CO縲廚4という指標を使うことで、虫歯がどこまで進んでいっているかを知ることができます。
(2019.07) >>続きを読む
「忙しくてなかなか時間が取れない」「痛みがなくなったから」「キャンセルしたら行きづらくなった」などの理由で歯の治療を途中で中断してしまう人がいます。歯の治療を中断すると一体どのようなことが起こってくるのでしょうか。わかりやすく解説していきます。
(2019.06) >>続きを読む
乳歯のむし歯は永久歯の健康状態にも影響しますので、永久歯同様、むし歯にならないよう、しっかりと守ってあげる必要があります。子供の歯は年齢に応じて生え変わりによりお口の状況が変化していきますので、その年齢に合った歯磨きの方法、注意点を押さえておきましょう。
(2019.05) >>続きを読む
あなたの歯みがきは?~歯磨きは、いつやるのが重要なのか?~
実は歯磨きは単に回数を多くやっても意味がありません。虫歯や歯周病を予防する上で忘れてはならないのが、「きちんと汚れを落としきること」。そしてその汚れをしっかりと落とすタイミングというのがとても重要になってきます。
(2019.04) >>続きを読む
子供の歯は弱い!~フッ素で歯を強くしましょう!~
お子さんの歯は大人の歯よりも弱いって知ってましたか?虫歯にならないよう「大人と一緒に箸や食器類を使わない」「おやつを制限する」など、気を付けている親御さんも多いのではないでしょうか。しかし、十分に気を付けていても完璧に虫歯を防ぐのはとても大変ですよね。実は子どもの時期には歯科医院でのフッ素塗布が虫歯予防に効果的です。
(2019.03) >>続きを読む
発見!虫歯のサイン
むし歯は痛くなってから治療すると、痛みに耐えなければなりませんし、治療も大変になってしまいます。そのため、むし歯はなるべく早期に見つけることが大切です。むし歯のサインを早めに見つけ、自分で早期発見できるようにしておきましょう。
(2019.02) >>続きを読む
お口で防ぐ!全身の病気
歯周病は虫歯と同様、進行すると歯を失うことにつながる怖い病気ですが、実はそれ以外にも体の健康まで奪ってしまうことがあるのをご存知ですか?1990年代頃から、歯周病が体のあちこちの病気と関連していることが次々とわかってきました。
(2019.01) >>続きを読む
これって…虫歯?
「むし歯=痛いもの」というイメージを持っている人は多いことでしょう。でも、むし歯には痛くないケースが結構あるのをご存知ですか?痛いところやしみるところがないからむし歯がない、と思っていると、取り返しがつかないことになってしまうこともあるので注意が必要です。
(2018.12) >>続きを読む
歯磨きだけでは虫歯や歯周病を防げない?!
歯磨きを頑張っていれば虫歯や歯周病を防げると思っていませんか?確かに虫歯予防・歯周病予防のためには歯磨きは欠かせません。でも、歯磨きだけでは虫歯や歯周病を防ぎきれないのです。
(2018.11) >>続きを読む
歯の根の膿(うみ)は爆弾?!
歯の根に膿がたまるというのは、歯に起こるトラブルとしては決して珍しくない症状のひとつで、歯科医院でも頻繁に治療が行われています。歯の根に膿がたまるのはどんな時か、そしてどのような症状が出るのか、見ていきましょう。
(2018.10) >>続きを読む
歯茎にニキビのようなものができた!これって何?
虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。
(2018.09) >>続きを読む
歯の神経って必要なの?
虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。
(2018.08) >>続きを読む
どうして歯石取りは定期的にやったほうがいいの?
皆さんは歯石を定期的に取ってますか?歯石を取った後というのはスッキリして気持ちがいいものですが、「機械の音が苦手」という人や、歯医者で歯石取りを勧められるから仕方なくやっている、というあまりポジティブでないイメージを持っている人もいることでしょう。でも、歯医者が定期的な歯石取りを勧めるのにはワケがあるのです。
(2018.07) >>続きを読む
二次カリエスとは?
虫歯の治療がやっと終わって、「もう歯の治療はおさらばだ!」なんて思っていたら、数年後にまた虫歯ができてしまった!というような経験はありませんか? 一度治療したところがまた虫歯になってしまうなんて、考えたくもないかもしれませんね。でも、治療したところというのは、高頻度でまた虫歯になってしまうものなのです。
(2018.06) >>続きを読む
喫煙とお口の病気
皆さんもご存知のとおり、喫煙はガンをはじめ、さまざまな病気の原因となります。もちろん、お口の病気も例外ではありません。口臭がでたり、喫煙により免疫機能が低下するため歯周病のリスクが高くなってしまいます。
(2017.07) >>続きを読む
不規則な食生活とむし歯の関係
「ダラダラ食べ」や「間食」はダイエットの大敵。でも、それだけではありません。不規則な食生活が続くと、むし歯にもなりやすいんです。さて、そのメカニズムは…?「ダラダラ食べ」や「間食」とむし歯の関係を知って、むし歯予防の第一歩を踏み出しましょう!
(2017.06) >>続きを読む
歯周ポケット
歯周ポケットとは、歯と歯肉の境目のことをいいます。このポケットの中に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまったり、歯石ができたりすることで歯周病が進行していきます。 この歯周ポケットの深さを測ることで、歯周病の進行度合いを測ることができます。
(2017.05) >>続きを読む
喫煙と歯周病
発ガン性物質やさまざまな有害物質を含んでいるタバコの煙。様々な健康への悪影響が知られていますが、歯周病も例外ではありません。タバコを吸う人は吸わない人を比べて2~6倍も歯周病のリスクが高くなると言われています。
(2017.04) >>続きを読む
歯並び・歯ぎしりと歯周病
歯周病は進行してくると、歯を支える骨が溶け始め、歯が少しずつ揺れてきます。普段から歯ぎしりをしている方は、歯周病で多少でも歯が揺れだすと、一気に大きな揺れになり進行を早める可能性があります。また、歯ぎしりによって補綴物との間に隙間ができ、この隙間に歯垢が入りこむことで、歯周病やむし歯になる恐れもありますので、十分な注意が必要です。
(2017.03) >>続きを読む
生活習慣と歯周病
歯周病は生活習慣病です。つまり、毎日の生活が歯周病に大きく影響しており、歯周病にかかりやすくなったり進行を早めたりします。毎日の生活習慣の改善は、歯周病のケアにとってとても大切です。 食生活・喫煙・ストレス・睡眠不足など、生活習慣には十分に気をつけましょう。
(2017.02) >>続きを読む
歯周病の再生療法
歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていき、最終的に歯が抜けてしまう病気です。 しかも、これまでは、治療によってそれ以上の進行をおさえることができても、一度失ってしまった歯槽骨が再び再生することはほとんどありませんでした。しかし現在では、歯周治療の技術の発展によって、失った骨の再生が可能になっています。
(2017.06) >>続きを読む
歯周病セルフチェックリスト
自覚症状の少ない「歯周病」。歯が揺れるなど、明らかな自覚症状が出る頃には歯周病がかなり進行してしまっている場合もあります。そうならないためにも、まずは「歯周病セルフチェック」でご自身のお口をチェックしてみてください。項目に該当する場合は、なるべく歯科医院で検査をうけて、早めに治療しましょう。
(2016.12) >>続きを読む
歯周病のメカニズム②(歯周炎と歯肉炎)
歯周病は「歯肉炎」→「歯周炎」と進んでいき、最後には歯が抜けてしまいます。歯肉炎は歯周病の初期段階にあらわれる症状。歯周病が進行して歯周炎として症状が現れるようになると、歯周病菌が歯を支えている骨を溶かしてしまいます。
(2016.11) >>続きを読む
歯周病のメカニズム①(歯垢と歯石)
歯周病とは「細菌」が引き起こす病気。「歯垢(プラーク)」は細菌のかたまりです。歯垢はやがて「歯石」となり細菌の格好のすみかとなります。こうした細菌を減らしたり、細菌が増えにくい環境をつくることが歯周病治療の基本です。
(2016.10) >>続きを読む
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。 メーカーによってそれぞれ特徴がありますが、今回は基礎知識としてホワイトニングの概要と注意点について解説しています。
(2016.09) >>続きを読む
抜歯する際の注意
親知らずの生え方やむし歯の進行状態によっては、歯を抜かざるを得ない場合があります。 抜歯の前に確認すべきポイントと、抜歯の後に控えるべき事について解説しています。
(2016.08) >>続きを読む
口臭の原因と予防
口臭の原因は様々ですが、その多くはお口の中の細菌が引き起こすものです。歯石や絶対を取り除いたりして 細菌を減らすことで口臭を防ぐことができます。また、唾液には殺菌・抗菌作用がありますので、キシリトールガムなど を噛んでなるべく唾液を出すようにすることも効果的です。
(2016.07) >>続きを読む
インプラントのお手入れ
「第2の永久歯」とも呼ばれるインプラントは寿命の長い治療法です。 適切なメンテナンスを行うことで長く使い続ける事ができますが、ケアを怠ると10年もしないうちに 使えなくなる事も。また、ご自身ではしっかりケアしているつもりでも方法や道具が正しくない 場合もあります。定期メンテナンスを必ず受け、お手入れの方法もしっかり指導をうけましょう。
(2016.06) >>続きを読む
入れ歯のお手入れ
失ってしまった歯を補う「入れ歯」。入れ歯には構造上、歯ぐきとの隙間があります。 また、部分入れ歯にもクラスプよばれる固定用のバネがあります。こうした箇所にプラークがたまりやすく、お手入れを怠るとむし歯や歯周病、口臭などを引き起こしてしまいます。 また、しっかりとお手入れすることで、入れ歯を長持ちさせることができます。
(2016.05) >>続きを読む
ブリッジのお手入れ
歯が抜けてしまった場合の治療法のひとつに「ブリッジ」があります。ブリッジは抜けてしまった部分を、 自分の歯を支えにして橋渡しにして補う方法ですが、構造上プラークがたまりやすい箇所があります。 歯間ブラシ等でしっかりとケアを行い、磨き残しのないよう心がけましょう。
(2016.04) >>続きを読む
産前・産後の治療
妊娠中は、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。妊娠の初期・後期、産後はお薬に注意が必要な 場合があります。今回は、治療に最適な時期や、治療上の注意、麻酔とレントゲンの影響について解説しています。
(2016.03) >>続きを読む
妊娠中のお手入れと治療
妊娠中は、味覚や嗅覚が敏感になり、歯磨きもつい怠りがちに。また甘いものが欲しくなったり、 食生活も不規則になる事が多いです。むし歯や歯周病のリスクが高くなるので、無理のない範囲で 歯みがきを心がけましょう。歯ブラシや歯磨き粉を選ぶ際のポイントについてもお話します。
(2016.02) >>続きを読む