姫路 歯科 歯医者のテラッソデンタルクリニック。JR姫路駅から徒歩3分です。

歯の根の膿(うみ)は爆弾?!

神経をとった歯は定期的に検査を受けましょう

歯の根に膿がたまるというのは、歯に起こるトラブルとしては決して珍しくない症状のひとつで、歯科医院でも頻繁に治療が行われています。
歯の根に膿がたまるのはどんな時か、そしてどのような症状が出るのか、見ていきましょう。


歯の根に膿がたまるのはどんな時?

歯の根に膿がたまるケースで最も多いのは、神経をとった歯にバイ菌が入って、そのバイ菌が増え続け、歯の根の先端部分に膿だまりを作ってしまう、というものです。
そのほかにも、例えば歯を強くぶつけた、むし歯が神経までいった、というようなことが原因で神経が死んでしまい、同様に歯の根の先に膿だまりを作ることがあります。

歯の根に膿がたまるとどんな症状が起こる?

■ 歯の強い痛み、歯茎・顔の腫れ

これは根っこの周囲に膿が溜まっている状態です。神経を取った歯、もしくは神経が死んでしまった歯に起こることがある病気で、原因は歯根内部の雑菌です。そのため、根の治療をし、根の内部の消毒を行う必要があります。


■ 全く無症状のことも

でも、このような強い症状は必ず出るとは限らず、膿がたまっていても、全く無症状のことも珍しくありません。ただし、いつ痛みが起こってもおかしくないので、「歯に爆弾を抱えているようなもの」だとも言えます。


■ 膿が周囲に広がってしまうことも

歯の根に膿が溜まった状態を放置すると、周囲に感染が広がって重い感染症となり、入院しなければならなくなったり、命に関わることもあります。


歯の根の膿は早期発見・早期治療が大事

歯の根に膿がたまっても、すぐに症状が出ないことが多く、大きな膿だまりができていても全く気づかない場合もあります。
歯の根の膿は早期発見・早期治療が大事ですので、定期的に検診を受けるようにしましょう。