銀歯が気になる

代表的なセラミック

・ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、セラミックの審美性と合成樹脂(プラスチック)の手軽さを兼ね備えた材料なので、他のセラミックに比べて費用を抑えて治療することができます。

ただ、合成樹脂(プラスチック)も配合しているので、柔軟性はありますが、強い歯ぎしりなどでは耐久性が少し劣ってしまい、割れやすいという意見もあります。また、合成樹脂が配合されているので、経年変化で少しずつ透明感が失われてしまうということもあります。

・オールセラミック

すべてセラミックだけで作られているのがオールセラミックです。経年変化がなく、白さと透明感があり、天然の歯の様な美しさが持続します。

近年素材が改良されていて、ハイブリッドセラミックより強度も高く改善されてはいます。見た目の審美性も優れているので、奥歯だけでなく、前歯などにも使用されることが多い審美治療に適した治療素材になります。もちろん、色素もつきません。

・ジルコニアセラミック

内側のフレームに人工ダイヤモンドのジルコニアを使用して外側にセラミックを焼き付けた人工歯です。人工ダイヤモンドを使用しているので、かなり強度が高いのが特徴です。そのため、インプラントを行った後の奥歯などで選択されることが多い素材です。

ただ、ジルコニアにセラミックを焼き付けているので、技術が必要になり、他のセラミックに比べて一番費用が高くなってしまうことがあります。

・陶材焼付鋳造冠、メタルボンド

側のフレームが金属で外側にセラミックを焼き付けた人工歯がメタルボンドです。この修復物は、セラミックを使用しているので、変色の経年変化はないですが、内側の部分に金属を使用していることで透明感はやや劣る点があります。

また、金属アレルギーのリスクや歯茎が黒ずんでしまう可能性があるなどの点も注意が必要です。

保険と自費

保険の中で治療することができる材料は限られていますが、自費の治療では、審美性と機能性を兼ね備えた素材を自由に選ぶことができます。

例えば、保険の中での前歯の被せ物は硬質レジンの素材で、経年変化で少しずつ黄ばんだようになってしまいますが、自費のセラミックでは変色もなく、透明感もあり、自然な人工歯を入れることができるのです。

また、保険適応の治療はどの歯科医院で治療しても費用は変わりませんが、自費治療の場合には、医院ごとに価格(治療費)を決めることができるので、同じ材料でも費用が異なってきます。

セラミック治療とホワイトニングを行う場合

外国人のような爽やかな白い歯にしたいという方、特に女性から多くご相談をいただきます。そこでよく聞かれる質問は、「ホワイトニング」と「セラミック治療」は一体どっちの治療法を先に行ったらよいでしょうか、という内容です。

一般的には、ホワイトニングで全体をご希望の白さまで仕上げていきます。その後、セラミックなどの補綴物を周りの白さに合わせて治療をしていく流れになります。

ただ、既にセラミックインレーや、クラウンなどの治療物を入れてしまっている方で、歯全体を白くしたいと思われる方もいらっしゃるかと思います。その場合の方法は、セラミックの色に合わせながら全体を白くしていく手法を取ることが多いです。多少表面の白さが気になっても、多くの場合ではあまり相手に気付かれることはないです。どうしても気になるという方は、お気軽にご相談ください。

テラッソデンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。